総量規制対象外のキャッシングの審査に通るためには

MENU

総量規制対象外のキャッシング

 

総量規制対象外のキャッシング

総量規制とは、2010年に賃金業法が改正され「個人の借入額が年収の3分の1までに制限する」というものです。

 

年収の3分の1までの借入となると、例えば年収300万円の方でしたら100万円年収600万円の方でしたら200万円までの借入となることになります。

 

総量規制対象外のキャッシング

そこで、出来れば総量規制対象外のキャッシングを利用したいと希望する方が増えてきているようです。

総量規制とは賃金業が対象となりますから、賃金業ではない銀行系カードローンは対象外となるのです。
そこで、出来れば借入額を多く借りたいという方や金利の低いところで借入したいと考えている方は総量規制対象外である、銀行系カードローンの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

銀行系カードローンと一括りに言っても、たくさんの数の銀行が存在しますからご自分に合った金利や限度額などが全然違いますからいくつかの銀行を比較して自分に合った銀行系カードローンを探してみてくださいね。

 

総量規制対象外のクレジットカード

 

総量規制対象外のキャッシング

クレジットカードの利用は総量規制の対象となるのでしょうか。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つがありますがクレジットカードの契約をする時にキャッシング枠をつけるかつけないか選択をしたことと思います。

 

総量規制の対象となるのは「キャッシング枠」だけで、ショッピング枠は総量規制の対象外となります。
キャッシングをする際に実施に借入をしていなくてもクレジットカードを複数持っていればその限度額が借入をしている分をみなされますから新規でクレジットカードを追加で作成するとなった時には気を付けなければなりません。

 

例えば、限度額が50万円のクレジットカードを2枚持っていて使用していなくても新規で作成する際に専門機関の与信調査では既に100万円の貸付があることとなりますから、年収証明の提出が必要となります。

 

キャッシング枠を使う予定がないという方はキャッシング枠はクレジットカード会社に電話連絡をして無くすことをオススメ致します。

 

総量規制対象外のサラ金

 

総量規制対象外のキャッシング

キャッシングやカードローンの利用を検討されている方もたくさん居ることと思います。

借りたいと思う希望額も、借りたい理由も人によって違いますし年収や勤務年数も人によって違います。
2010年に賃金業法が改正されて、「総量規制」が施行されました。

 

総量規制とは、個人の借入額が年収の3分の1までに制限されることとなります。
サラ金からお金を借りるとなると、総量規制の対象外となるのでしょうか?

 

サラ金の種類によって異なりますが賃金業者から借りる場合には総量規制の対象となります。
賃金業者であってもオートローンや不動産担保、高額療養費などのローンは除外されることとなります。
サラ金というと、審査が甘いなどといったイメージがありますがあまりにも審査が甘すぎたり上手い言葉を謳っている業者はあまりオススメしません。

 

借りてから後悔しては遅いので、借りる前に事前にシッカリと業者の比較をして安心して借入することが出来る業者を選びましょう。

総量規制対象外の意味

 

総量規制対象外のキャッシング

「総量規制対象外」という言葉がありますが、この意味はご存知でしょうか?

2010年に賃金業法が改正されて、「総量規制」というものが施行されました。

 

総量規制というのは、個人の借入額が年収の3分の1までに制限されるというものになります。
この総量規制は、対象となるのが賃金業ということで消費者金融や事業者金融会社・クレジット会社・信販会社からの借入が対象となっています。

 

総量規制対象外のキャッシング

更に、「個人向け」が対象であり「法人向け」は総量規制の対象とはなりません。

 

総量規制は賃金業に対しての法律となりますから、賃金業ではない銀行からの借入は対象外となります。
総量規制対象外の対象外となるには銀行系カードローンや消費者金融の住宅ローン・カーローン・医療費ローンは総量規制の対象から外れています。

 

総量規制は借りられる金額が決まっていますから、最近では総量規制対象外のキャッシングやカードローンに注目している方が増えていると言われています。

 

総量規制対象外の教育ローン

 

総量規制対象外のキャッシング

お子さまが居る家庭でしたら、「教育ローン」を検討されているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、教育ローンと総量規制に的を当ててみようと思います。

 

総量規制の対象となるのは消費者金融・クレジットカード会社・信販会社などの賃金業となります。
銀行や信用金庫の教育ローンが総量規制の対象になるのかというと、銀行・信用金庫は賃金業者ではありませんから銀行・信用金庫の教育ローンは総量規制対象外となります。

 

しかし、銀行には銀行法によっての規制がありますし賃金業法によって規制を受ける賃金業者とは異なります。

 

銀行・信用金庫の教育ローンは、総量規制の対象外だからと言って借入が簡単だというわけではありません。
教区ローンに関しても、銀行や信用金庫は過剰貸し付けにならぬよう独自の審査基準で審査を十分に行っているため、もちろん消費者金融よりも借入がしやすいなどといったことはないと考えて良いでしょう。

 

銀行・信用金庫の教育ローンは総量規制対象外ということが分かりました。

 

総量規制対象外の借り換えローン

 

総量規制対象外のキャッシング

「借り換えローン」を検討されている方も居ることと思います。

そこで、総量規制対象外の借り換えローンがあるのかを調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね。

 

まず、「借り換えローン」とは高い金利で組んでいたローンをより低い金利で組みなおすなど有利な条件で借入しなおすことをいいます。
総量規制対象外の借り換えローンとなると、賃金業(消費者金融・クレジット会社・信販会社など)の借入ではなく銀行からの借入となります。

 

総量規制対象外のキャッシング

銀行のカードローンはお金が足りない時にお財布代わりに利用する以外にも借換えに利用するという使い道をされている方も多いようです。

総量規制対象外の銀行系カードローンというと、何といっても金利の低さが魅力的ではありますよね。

 

例えば、いくつかの消費者金融から借入があるという方は銀行のカードローンに借り換えをすることによって金利が低くなるので返済額が低くなります。
銀行によっても金利が異なりますので、比較してみてはいかがでしょうか。

 

総量規制対象外の借入

 

総量規制対象外のキャッシング

2010年に賃金業法が改正され、「総量規制」が施行されましたよね。

総量規制とは個人の借入が年収の3分の1までと制限されているものです。
しかし、この総量規制は全てのものが対象となるわけではなく対象となるものは消費者金融やクレジットカード会社・信販会社などの賃金業のものとなります。そして、個人向けの借入が対象となるため、法人向けの借入は対象外となります。

 

総量規制対象外の借入先というのは、賃金業以外の借入先となります。
代表的な借入先として有名なのは「銀行系カードローン」ですね。

 

キャッシングやカードローンというと消費者金融か銀行系カードローンかと思いつく方も多いことと思いますが、銀行系カードローンのメリットは金利が低いこと・借入限度額が高いところ(人によって借りられる金額は違います)などが知られているのではないでしょうか。

 

メリットが多いぶん、消費者金融よりも銀行系カードローンの方が審査が厳しいという話もありますが利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

総量規制対象外の審査

 

総量規制対象外のキャッシング

キャッシングやカードローンの利用を検討されている方は、どこで借りるかは決めていますか?

2010年に賃金業法が改正され、総量規制が施行されました。
総量規制とは個人の借入額が年収の3分の1までに制限されるということになります。

 

個人が借りすぎを防ぐための一種の防衛策とも言えますが、一方今までは貸付放題だった多くの消費者金融はこれが出来なくなったので色々な会社が消えていきました。

 

総量規制対象外のキャッシング

総量規制は賃金業が対象となりますから、銀行のような賃金業ではないけど貸付を行っているところは総量規制の対象外となります。

そういったところの審査は甘いのでしょうか?

 

結論から言いますと、決してそうではありまsね。

 

きちんとこれまでの消費者金融のようにシッカリとした審査を行っていますから審査が甘いということは決してありません。

大口を申し込むことが出来たり、銀行ということで安心感はありますが実は保証会社が消費者金融だったという場合もありますからチェックしてみましょう。

 

総量規制対象外@大阪

 

総量規制対象外のキャッシング

大坂府内にお住まいの方で、総量規制対象外のキャシングやカードローンを利用したいという方も多いのではないでしょうか。

まず総量規制についてはご存知でしょうか?総量規制とは、個人の借入額が年収の3分の1までに制限されたもののことを指します。

 

そのため年収300万円の方は100万円まで借入が出来、年収600万円の方は200万円まで借入することが出来るということとなります。

 

総量規制が施行されてからは総量規制対象外のキャッシングやカードローンを希望される方が多いのだとか…。
そこで、大阪府内で利用することが出来る総量規制対象外のものを探してみました。

 

総量規制対象外の代表とも言えるのが銀行系カードローンですが、大阪は大都市でもありますから大手の銀行系カードローンは全て利用できると考えて良いでしょう。
また、大阪府内のカードローンの「近畿大阪銀行」「池田泉州銀行」「関西アーバン銀行」「大正銀行」も人気があります。

 

オリックスの 総量規制対象外

 

総量規制対象外のキャッシング

オリックス銀行のカードローンは、総量規制の対外なのか?と疑問をお持ちの方も居ることと思います。

 

結論から言いますと、オリックス銀行カードローンは総量規制対象外となっています。
オリックス銀行カードローンというと、インターネット専業銀行であり今ではネットバンキングの中でも人気の高い銀行となっています。
利用を検討されている方も居ることと思います。
カードローンもありますし、条件をクリアすると申込むことが出来ます。
オリックス銀行の申込条件とは…
・申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
・原則毎月安定した収入のある方
・日本国内に在住の方(外国籍の方は永住者または特別永住者の方に限る)
・オリックス・クレジット株式会社または新生ファイナンシャル株式会社の保証が受けられる方

 

基本的には年齢と安定した収入がある方でしたら利用することが出来そうですね。
アルバイトやパートをしている方でも利用することは出来ますが、ご自身の収入のない専業主婦や学生は利用することが出来ません。